安芸門徒の土徳に育まれた『広島仏壇』は本格的な生産をはじめて、200年以上の
歴史をきざんでまいりました。常にその中心にあったのは 産地問屋の集まりである
『広島仏壇卸商組合』でした。当組合は 明治20年1月に結成され、120年以上
活動を続け現在に至っています。
 昭和53年には、当組合メンバーの多大なる努力により 経済産業省の指定である 
「伝統的工芸品」として認定を受けました。そのため、『広島仏壇』の生産にたずさわる
ほとんどの職人さんにも加入してもらい『広島宗教用具商協同組合』として活動もして
おります。
 仏壇造りの工程には 七匠(ななしょう)の職人が必要で、木地師 狭間師 須弥壇師 
宮殿師 塗師 蒔絵師 そして金具師です。その中から厳しい認定試験を受け 各職
の「伝統工芸士」が選ばれ、優秀な『広島仏壇』を生み出しております。
又、伝統工芸師が先生となって『広島仏壇』を後世に伝えるため「児童生徒への伝統的
工芸品授業」を毎年広島の小学校を対象に行っております。
 次に 商部工部が一体となった青年部では 新しい時代に合うお仏壇の実験生産や
フラワーフェスティバルに参加し、一般の方に金箔押体験などして『広島仏壇』の広報
活動もしています。
 『広島仏壇』をリードしていくと自負している当組合では、毎月1回定例会を開き
後継者育成問題、技術技法の問題など 今後のあり方にについて、毎回熱い議論をして
おります。
 どうぞこれからも『広島仏壇』の伝統を受け継ぎ、未来への発展を担う『広島仏壇卸
商組合』加盟店に対し御支援 御愛顧賜ります様お願い申し上げます。



Copyright (C) 2011 広島仏壇卸商組合. All Rights Reserved.